交通事故や刑事事件は弁護士に相談しよう|事故の自己処理は危険

過払いを取戻す

過払いは日本でよく話題に上がっている物で、非常に重要な事である。そこでこれまでの歴史や変遷は、時がたつにつれて国民に伝わるようになった来たのだ。そして今後の動向についての予測は、より多くの人たちが過払いに関わる事の知識を持つようになる事だ。

» readmore

交通事故を減少させる

交通事故は年々減少していますが、それでも日本人の死亡原因の中で上位を占めています。そこで、最近では交通事故をなくす取り組みとして小中学校での指導や、大人も受けられる自転車指導などが導入されています。

» readmore

刑事事件

万が一、家族や自分自身が刑事事件の被害者として逮捕されそうになった場合、弁護士がサポートしてくれます。弁護士によって費用はさまざまですが、安くて3万程度、中には10万程度の費用が必要な弁護士もいます。

» readmore

最新の記事

相続問題と弁護士

遺産相続にはまず事前に誰が相続人であるのかを確認する必要があります。また遺産相続の紛争は当事者間での解決が難しい場合、早期に弁護士に依頼する事でお互いに冷静に解決する事が出来る可能性が高いです。

会社を建てる

森法律事務所の家庭専門法律相談室です!遺産相続などは弁護士に相談するのが1番!家事事件のスペシャリストが貴方の問題を解決します!

会社設立するための費用

会社設立を将来の夢として働いている人のために起業するために必要なことなどを説明したいと思います。 現在サラリーマンとして働いている人の中にも、将来は会社設立をして社長になりたいという夢を持っている人は多いと思います。 株式会社を設立するために必要となる費用は資本金を別として登記手数料などで最低25万円程度かかります。 その内訳は、印紙代4万円、認証のときの公証人に支払う手数料5万円、登記手続きの手数料2千円、登記手続きの際の登録免許税最低15万円で、これらを合計すると約25万円になります。 この中で印紙代に関してはPDFなどにすることで4万円分を節約できますが、個人でPDF作成するためにはそれ以上の費用がかかることもあるのであまりお勧めできません。

どのような利点があるのか

さまざまな手続きなどをして会社設立をしたとして、その利点とは何なのかを考えてみます。 まず、いちばん初めにいえることは夢を叶えたということになります。 会社設立をして個人で事業を起こすということは、そう簡単なものではなく、長い期間の準備と努力が必要になります。 そのような長い期間の頑張りを支えてくれるのが夢であり、会社設立を成し遂げたときの大きな利点といってもいいはずです。 もう少し具体的な仕事としての利点は、法人になることによる信頼度の向上、個人事業主のときには認められなかった経費なども会社設立をすれば認めてもらえるようになる節税の選択幅などがあります。 これまで会社設立に関しての説明をしましたが、まだ自信がないということでしたら、個人事業主から出発するという手もあるのでよく考えて決めてください。

↑ PAGE TOP