交通事故や刑事事件は弁護士に相談しよう|事故の自己処理は危険

刑事事件

弁護士費用を安く抑えるコツについて

家族が刑事事件の被疑者として身柄を拘束されてしまったり、自分自身が刑事事件の被疑者として逮捕されそうになっている場合には、法律の専門家である弁護士にサポートを依頼するのが一番です。いったん逮捕されてしまうと、家族との接見は制限されてしまうことになります。証拠隠滅のおそれがあるためなのですが、被疑者は慣れない過酷な環境に1人きりで放置されてしまうことになります。正常な判断ができないような状況に陥ってしまうケースが多く、それが虚偽自白につながることが実際によくあります。それを回避するためには、早い段階から弁護士のサポートを受けるようにするのが望ましいです。ただし、法律事務所によって料金にバラつきが生じていますので、インターネットを利用して料金の比較をしてみることをおすすめします。

だいたいいくら位の費用がかかるのか

刑事事件で弁護士を利用する際にかかる費用には、相談料や接見費用、着手金、報酬金、実費などがあります。刑事事件の場合、相談料無料もしくは初回相談料無料としている法律事務所が多くなっています。接見費用については事務所ごとに差が生じており、3万円程度で対応してくれる弁護士もいれば、10万円近い料金がかかる弁護士も存在しています。また、着手金や報酬金の額は、事件の難易度に応じて数段階に分けられて料金設定されているのが一般的です。被疑者自身が罪を認めている簡明な事件の場合ですと、20〜30万円前後の着手金とそれとほぼ同額の報酬金がかかることが多いです。一方、事実関係に争いがある複雑な事件の場合には、着手金と報酬金の合計額が200万円以上になる場合も少なくありません。