交通事故や刑事事件は弁護士に相談しよう|事故の自己処理は危険

相続問題と弁護士

遺産相続について弁護士に依頼する際の注意点

遺産相続の問題を弁護士に依頼する際にまず必要なのは、事前に相続人が誰であるか、そして遺産にはどのようなものがあるかを正確に確認した上で、それを弁護士に伝えるということです。というのも、これらの情報が間違っていたら、弁護士が適切なアドバイスをすることができないからです。 遺産相続に関しては法定相続分や遺留分が大きく関係してきますので、相続人が誰であるかのみならず、その者と被相続人との続柄なども把握する必要があります。そこで、できれば依頼する前に戸籍を取り寄せるなどして相続人を把握し、相続関係図を簡単に作成しておくべきでしょう。 また、遺産もどのような物が存在するかだけではなく、金銭や預金以外の物についてはその価値に関しても簡単に調べておくべきです。

遺産相続について早期に弁護士に依頼すべき理由

遺産相続に関する紛争は親族間での問題ですので、できれば身内だけで解決したいと考える人も少なくありません。しかし、当事者間で穏やかに解決する見込みがあるならともかく、そうでないならば早めに弁護士に依頼すべきです。 というのも、一旦遺産相続について話が感情的にこじれてしまうと、なかなか早急に適切な解決をすることは困難だからです。しかし、第三者である弁護士を間に挟んだり、公的機関である裁判所で調停を行ったりすることで、お互い冷静に話し合うことができる可能性が高まります。 また、本格的に法的な紛争となると、素人だけでは太刀打ちできません。審判や訴訟ともなるとなおさらです。そこで、そのような複雑な法的紛争になる可能性があるならば、早期に弁護士に依頼することで弁護士のほうでも経緯をよく把握して事件を処理することが可能になります。